Doctor's Voice / ドクターメッセージ・チーム医療

ドクターメッセージ

院長1 インプラント専門医1 矯正担当医1

 

 

院長 後藤義隆

■もし、歯科医師にならなかったら何になっていましたか?

一生懸命治療をした結果、患者に喜んでもらえることに歯科医師としてのやりがいを感じているため想像がつかないですね。

 

どの仕事もそうですが、何かを提供する側と、享受する側が存在します。

歯科医師と患者様との関係では、提供する側と享受する側が密接ですので、良くも悪くもその反応を直接肌で感じることができます。

 

喜んで頂ければ更に上のレベルを目指したくなりますし、不満の声を頂いた場合も様々な方法でなんとか改善策を見つけ出す。

この何とも言えない現場の緊張感が好きなのかもしれません。

 

■嬉しいと思える瞬間はどのような時でしょうか?

月並みですが、やはり患者様に喜んで頂いたときでしょうね。

例えば、歯がなくて困っている患者さまにインプラント治療を行ったことで、「昔のように噛めるようになりました!!」。重度歯周病の患者様に歯周内科治療を行い、「歯を残すことができました!!ありがとう!」などの声です。

 

「自分が誰かの役にたっている」

と感じる瞬間でもあります。

非常に嬉しいですね。

歯科医師であればみんなそうだと思いますよ。

 

また、自分だけの医院ではなく、

皆さんに支えられている医院と感じられるときも

嬉しいですね。

医院は私一人だけでは運営できないので当然優秀な

スタッフさんの協力が必要です。

院長2

 

また、歯周病を例に挙げると、患者さまの協力なしには決して成功しません。

 

私とスタッフさんと患者様の3者で築きあげる歯科医院。

これが私の理想です。

 

■なにがあっても変えたくないポリシーはありますか?

患者さまが抱えている悩みをヒアリングし、その悩みを全力で解決すること。

これだけです。

 

■今後の展望は?

患者様に最高の治療・サービスを御提供するため、最先端の歯科治療を学べる講演会や研修会に参加し、常にアンテナを広げていく。

 

そして患者様にとって有益と思えるものは積極的に取り入れ、投資も惜しまない。

 

歯科医師としての永遠のテーマでもあります。

 

 

インプラント専門医

■インプラント治療におけるこだわりは?

このようなことを言っていいかどうかわかりませんが、人間の行う事なのなので「絶対」はないと私は考えています。

 

また、他の治療とは違い、インプラント治療はまだ歴史が浅く、よりよい治療・技術・設備が次々に開発されているのが現状です。

 

つまり、今行っている治療が、10年後~20年後先も「最高の治療」と言える人は誰もいないのです。

 

最近ではインプラントの過剰広告で、

このような事実をしっかりと告知している

医院は少ないと思います。

しかし、現状を隠すことなくしっかり伝えた上で、

患者様に判断して頂く事。

これが医療機器間に携わる人間の役目だと思います。

 

ですので、患者様には「今できる最高の治療を

提供させて頂きます」とお伝えするようにしています。

インプラント専門医2

 

 

また、私は肩書を信用していません。

どこの大学を出ているだとか、認定を持っているだとか、ニューヨークに研修にいっただとか。もちろん私も様々な団体に所属し、研鑽は積んでいますが(笑)。

 

患者様にとって欲しい情報は、最終的には担当するドクターがいかに安心感を与え、そして確実な治療をできるかどうかだけだと思うんです。

 

そのためにできる事を追求していく。これが私のスタンスでありこだわりです。

 

■患者へのメッセージ

「インプラントは怖いですか?」

 

このように患者様によく質問されます。

 

その時は「インプラントは怖いです。」とお伝えしています。

 

我々は毎日やっている事ですので当たり前になっていますが、患者様にとってはどれも初めての事ですので、「骨をたす」「ドリルで穴を開ける」ということを言われるとイメージが先行してしまい怖くなるのが当然です。

 

しかし、手術を終え何年か経った後、

この「怖い」というイメージよりも

「噛めるようになった、社交的になった、

会話が楽しくなった・・・・」などの喜びの

イメージで心を満たすような治療をすることが

私の目標です。

インプラント専門医3

 

 

 

矯正担当医 酒向絵美

先生が行う治療スタイルは?

矯正治療は人生で何度も行うものではありません。

ですので、皆さんは治療に対して漠然とした不安があると思います。

 

一緒にお話ししながらこの不安を解消して頂き、納得したうえで治療を始めて頂く。

もちろん治療を始めた後でも不安・疑問などは出てくるものです。

その際もじっくりお話しさせていただきます。

 

とにかく、いかに安心して治療を受けて頂くか。

これが私の目標でもあり、そして私の診療スタイルでもあります。

 

また、矯正装置を付けている間は(インビザラインを除く)、どうしてもブラッシングがしにくくなります。

綺麗な歯並びが完成しても、今度は虫歯治療となってしまっては意味がないですよね。

そうならないためにも、ブラッシング指導は厳しく対応させて頂いています(笑)。

 

目立たない工夫はありますか?

患者様にとっては非常に気になる部分ですよね。

当院では、患者様のニーズに合わせて様々な目立たない装置をご用意しています。

 

1つは、「インビザライン」という透明な

マウスピース型の矯正装置です。

金属の装置に抵抗があり今まで矯正治療に

踏み切れなかった方には非常に画期的な

装置となります。よ~く見ないと矯正装置を

付けている事すら気づかれないと思います。

 

もう1つはブラケットと呼ばれる歯に付ける

四角い装置を、プラスチックセラミック

ジルコニアといった半透明の歯の色になじむ

素材を使います。

また、ワイヤーも半透明なものがあり、

目立たないブラケットと組み合わせることで

ほとんど目立ちません。

インビザライン

ブラケット

 

インビザライン、目立たないブラケットに関しては目立たない矯正装置ラインナップをご参照ください。

 

お子様の矯正(小児矯正)に関して

お子さんは、大人と違い「顎の成長」を治療に利用できるメリットがあります。

オーバーに言ってしまうと、歯並びだけでなく、顔かたちを変えることもできます。

 

「どの時期に子供の歯並びを見せた方が良いのでしょうか?」とよく御質問を受けますが、6~7歳くらいに、むし歯チェックも兼ねて一度診せて頂きたいですね。

 

この時期のお口を拝見すれば、今後のどうなっていくかがだいたい予測することができるためです。問題があれば、治療を御提案しますし、まだ時期ではない場合は時期になるまで観察していくことになります。

この時期にしっかりした対応すれば歯並びだけでなく、顔かたちもコントロールできるのでカッコよくなりますよ!

また、お子様に対しての私の治療スタイルは、お子様とお母さんとの「信頼関係」の構築です。

 

矯正治療は私だけでなく、患者様のご協力も

必要な治療です。

また、お子様の場合はお母さんの協力も

必要となります。

コミュニケーションを通して、治療だけでなく、

私自身を信頼して頂くことが何よりも大切だと

考えています。

矯正担当医2

とにかく、お子様の歯並びなどが気になりましたら一度専門医に診てもらう事をお勧めします。

 

■大人の矯正(成人矯正)に関して

最近では、女性だけでなく男性の患者さまも増えてきています。

特に20~30代の女性の患者様が多いですね。

 

この時期は、結婚など人生が大きく変わる時期ですので、

「この日に結婚式をするので何とか終わらせて欲しい」と言われることも。

 

その場合は、来院回数を増やしたり、マウスピース型の矯正装置(インビザライン)への転換などをして対応するようにしています。

また、「短期集中プラン」もご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

 

成人の方は、お子さんと異なり、ライフスタイルやご要望が様々ですので、まずは「すべてお話し下さいと」いつもお伝えしています。その上でその患者様に合う治療法を共に探っていくこと。これが治療の第一歩だと考えます。

 

■患者様へのメッセージ

日々進歩する治療技術・材料に対応することは医療人として当然のことです。

しかし、新しいものだけを次々に取り入れるのではなく、昔から存在している手法との融合が大切と考えます。幅広い知識・技術を身につけ、かたよらないバランスのとれた治療を目指しています。

 

また、矯正治療をするだけではなく、

他の治療と連携し、より一層患者様のニーズに

応えられるトータル的なご提案ができるよう

日々精進しております。

 

どんなでもいいです。疑問・お悩みがありましたら

お声掛けください。

そうしていただけると、私も嬉しいです。

 

矯正歯科の詳細は矯正歯科をご参照ください。

矯正担当医3